2010年04月27日

「中国囲碁界の恩人」 北京で「藤沢秀行記念室」開幕式(産経新聞)

 【北京=矢板明夫】昨年5月に83歳で死去した日本囲碁界の重鎮、藤沢秀行名誉棋聖の業績を顕彰するための「藤沢秀行記念室」の開幕式が24日、北京市内で行われ、日中の囲碁関係者約100人が出席した。中国囲碁協会の王汝南主席は「世界の囲碁の発展のために大きな足跡を残した藤沢先生の功労を永遠に心に刻みたい」とあいさつした。

 記念室は中国の藤沢氏のファンらが中心となり、藤沢氏の遺族の協力を得て造ったもの。北京市中心部の囲碁雑誌「囲棋天地」社内に設けられ、藤沢氏が愛用した囲碁セットや揮毫(きごう)した書など数十点が展示される。

 中国でも高い人気と影響力を持つ藤沢氏は、1980年代初めから、弟子たちを連れて13回、自費で訪中。改革開放の直後で、活動を本格的に再開したばかりの中国囲碁界に日本の経験を伝え、若手の育成に力を注いだ。中国の棋士を日本に招待し生活面で世話することも多く、「中国囲碁界の恩人」と中国メディアに評されたこともある。

刃物で脅し女性監禁 容疑の元交際相手逮捕(産経新聞)
<普天間移設>最終提案、首相「まだその段階に至ってない」(毎日新聞)
大阪・連続放火7件、一部関与24歳男認める(産経新聞)
<変死>河川敷で男性 首から血流し 愛知・豊橋(毎日新聞)
高速新料金本当に6月に始まるのか 国民、業者からは心配の声(J-CASTニュース)
posted by ノロ セイジ at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。